早期の治療が大切

red and yellow pills

性器ヘルペスの症状は、性器にヒリヒリ感やムズムズとしたかゆみの症状から始まります。そこから2~10日で小さな水ぶくれが生じます。この水ぶくれはとても強いかゆみを伴いますので、多くの方がかきむしってしまいます。それによって破れた水ぶくれは潰瘍になり、強い痛みや発熱が見られるようになります。
口唇ヘルペスよりも痛みが強く、症状が重くなりやすいので、絶対に感染したくない性病だといえます。

性器ヘルペスになってしまった場合は、必ず早期に治療しましょう。性器ヘルペスの治療薬であるバルトレックスやゾビラックスをすぐに服用することができれば、ヘルペスの症状が悪化する前に症状を抑えることが可能です。苦しむ期間を短くすることができますので、すぐにバルトレックスやゾビラックスを購入しましょう。
ヘルペスウイルスは非常に感染力が強いので、感染している状態で性行為を行うと高確率で移ります。たとえヘルペスの症状が出ていないとしても、粘膜に存在するヘルペスウイルスから感染する可能性がありますので、常に感染に気をつけなければならないといえます。
感染経路は主に病変部との接触によるものなので、口唇ヘルペスを発症している状態でオーラルセックスを行ったことによる感染例が後を絶ちません。ヘルペスを発症している相手との性行為は避けるのが得策だといえるでしょう。
もしヘルペスを発症している相手と性行為を行った場合は、初期症状が出てすぐにバルトレックスやゾビラックスを服用しましょう。実際に症状が発症するタイミングは個人差がありますので、症状が出てくる前に治療薬を使用できるかが重要です。